3種類の原料

現在では、健康食品への需要が、高まりを見せています。中でも、青汁は昔からなじみがある健康食品として、愛飲をしている人も少なくありません。青汁というと、青臭さが気になるという人もいるかもしれませんが、最近は商品開発も進んでいて、飲みやすいものも多く登場しています。

中でもおススメの青汁として「青汁三昧」が挙げられます。テレビのコマーシャルでも紹介されているので、名前だけなら知っているという人も多いかもしれません。通常青汁は、一つの野菜を主原料にして作られていることが多いです。

しかし青汁三昧は、ゴーヤとケール、大麦若葉という3種類の野菜を主原料にしています。いろいろな野菜の持っている栄養分を一気に摂取することができるので、バランスよく身体にいい成分を、摂取することができます。

苦みが苦手な方に
青汁の特有の青臭さや苦みがいや、という人も多いかもしれません。もし味がどうしても気になるという人は、青汁三昧を試してみるといいかもしれません。青汁三昧には、主原料として、大麦若葉が配合されています。

大麦若葉は、ほかの青汁の主原料と比較をすると、比較的飲みやすい成分として知られています。ケールやゴーヤもほかに含まれていますが、これらのくせをまろやかに変えることもできます。口コミサイトなどの意見を見てみても、「抹茶みたいな味で、飲みやすい」という意見も多数、見られます。野菜不足を意識している人は、青汁三昧から食生活改善に手をつけてみるといいかもしれません。